くりっく365の仕組み

外為法の改正より始まった、多くの金融業界への参入は同時に多くのトラブルを生む原因にもなりました。

その為、トラブルを未然に防ぎ、金融・経済の健全な発展のために法整備が進められ、改正金融先物取引法が施行されました。

これにより、FX業者は金融庁に登録すること、財政基盤を健全な物にして顧客の財産を守ること、悪質・強引な勧誘をしないことなどが定められました。

さらに、これに加え東京金融取引所がFXの健全化と透明化を図り、公的に市場を開設したものが取引所為替証拠金取引市場=「くりっく365」となります。

参加する業者は厳しい審査た規則により監視下に置かれ、投資家の財産が守られるようになりました。

また、金融商品取引法も施行され法整備も進んでいます。

くりっく365の特徴

FX取引は為替証拠金取引資格を持っている「マーケットメイカー」と呼ばれる人たちが為替レートを決定してます。

くりっく365の最大の特徴として、このマーケットメイカーにゴールドマンサックス証券やドイツ銀行などの世界大手の有力金融機関が参加して為替レートを提示している事がいえます。

これにより提示されるレートに信頼性があり、取引量が安定しているため、急な上昇や降下ということもめったにありません。

また、くりっく365に参加できる業者は、金融商品取引所によって定められた規則をクリアした業者だけです。

こうした信頼を得ることでFXにかかわる業者と資本家が安心して市場を利用し、将来的にはくりっく365に参加する業者はもっと増えることになるでしょう。

くりっく365とFXの違い

くりっく365とFX業者の違いは課税方法の違いです。

FXの課税方法は、相対取引の場合「総合取引」となり、くりっく365を使った取引の場合「申告分離課税」となります。

総合課税とは、全ての所得を合計した総合額に税金が課せられることをいいます。

ですから、年金受給者の方は年金収入と合わせて、会社員なら給料と合わせて、全ての所得から税金が差し引かれます。

この点、くりっく365ではFXの利益のみを分離して税金を計算します。

つまり、給料など他の所得に課税される税金は、その税金分を支払い、FXで出た利益は個別のものとして計算するのです。

くりっく365の税率は一律20%と、一見大きく見えますが所得が330万円を越えた時点で相対取引のほうが税率が高くなってしまうのです。

くりっく365の歴史

1998年に、外為法が改正され、多数の企業が金融業界に参入していきました。

それは、金融と経済の発展にもつながりましたが、同時に悪徳業者の横行や新たなトラブルも生み出しました。

というのは、その時点で、FXを規制する法律や監督する官庁が整備されていなかったからです。

健全な市場作りが始まり、2007年5月からFXを規制するための改正金融先物取引法が施行されることになりました。

これに加え東京金融取引所がFXの健全化と透明化を目指し公的な市場を開設しました。

これが、取引所為替証拠金取引市場、つまり「くりっく365」となります。

これにより業者と投資家の信頼関係を築き、様々なメリットが生まれる事となったのです。

くりっく365とは

最近はどんな大手FX業者でも破綻を起こしかねず、証拠金の使い込みを行ったり、ユーザーに不利益な条件を強いている業者も目に付きます。

そのような場合、安心して投資家が市場に参加できない状態になります。

もちろん健全なFX業者は多数存在しますが、このくりっく365を利用できる業者は、金融商品取引法によって定められた規制に適合した業者だけで形成されています。

くりっく365に加わるには、厳しい審査基準をクリアする必要があり、公的に認められた信頼の置ける業者のみが集まっている取引市場であるといえます。

また、くりっく365は、FXでの利益による税金対策に一役買ったり、預けた証拠金は取引所で厳正に管理されるため業者の破綻の際にも全額保障されるなど、投資家を守るための手段でもあるのです。